2018年10月19日

裏世界の殲滅を!

裏世界、裏社会、陰湿の類などは論外。

スピリチュアル系、宗教世界、精神世界はもってのほか。

日本における無能集団の実態、心理状態については観察、記録済みです。

依存体質、イルミナティ、秘密主義、カルト宗教、人殺しクリスチャンなど、

無能の肩書きにはきりがありません。





今後、本業としてビジネスを持つ計画があるのでこちらのBLOGは停止します。

一切、精神世界や心理系、思想系について断ちます。

そういう気色悪い、気持ち悪い世界は表社会からも断たれ始めていますし、

私も以前とはすっかり変わってしまい個人的にとても耐えられないので。

自立してお金を稼ぐこと以外の方向へマインド・コントロールしてくる連中には注意しましょう。

すべては自立させないための「演技」ですから。

私は元々海外志向ですのでアジアからは出て行く予定です。

それでは日本の皆様お元気で。



※裏世界殲滅のために、以後、ここには犯罪行為の証拠の列挙だけを行っていきます。
国際社会で通用しない行いには私は一切つきあいません。








posted by in2002 at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary

2018年10月18日

私はお笑いがあまり好きでない。お笑い文化はそもそもどこ発祥か?

(※お笑いも隠蔽、誤魔化しに利用されている。)

簡単な英語だけでやりとりできる、ヨーロッパにお住まいの外人さんのお友達を募集中です。
私は話し言葉より書き言葉を学びたい。
できればイギリスの英語の勉強をしたいのですが、海外のペンパルサイトに登録すると「一体君はどこで英語を習ったんだ」と書き込みしてくるような常識のない外人もおり、なかなか良き相手を見つけるのが難しい。恋愛とか不倫とか探している人もそれなりにいるのはいいのですが、まあ、「勉強」したい人ってどこにでもはいません。(私は既婚者です。)
私、基本的に「真面目」なのでふざけることってあまり好きじゃないんですよね正直言って。
「一体君はどこで英語を習ったんだ」とペンパルサイトで書き込むのは話の堂々巡りです。
こういう人達はこれを素で書いているのだとしたら相当疲れる相手です。無能。


そういう私がいつになったら世の中に合わせないで済むのだろうと考えるようになったのは、つまり「学問」から離れた為でした。
「学問が大好きな左翼」とは全く相容れないことはこれまでにも、これからも説明しています。
琉球沖縄の人々とは、大和民族である私は昔から「合わない」ことで苦しんできましたので、「左翼」というものの正体を知った現在、更に「合わない」人々についての認識すべき範囲が広がりました。

いわゆる政治系に関わるような心熱き、志高い、ドラマチックで情緒主義的な体質の人々に閉口しています。
彼らとは言葉一つとっても意味が通じない。
琉球沖縄左翼をばかにすることで優位性を主張する「ばか」にも既に見切りを付けています。
(こういうと次は「琉球沖縄左翼の味方なんだな!」と思考する人々についても、もうたくさんです。
 大和民族が何故反日行為者に、味方するのか。)
例えば私は文を読むのが早いのでほとんど飛ばし読みで自分に必要なことだけを探していますが、彼らは「長文を最後まで読めない人」に私を分類したりするでしょうからひたすらに鬱陶しい。
一事が万事このような調子でいちいち付き合っていられない。
頭の中に「偶像」を作り出し、相手にそのような人であろう、そうあってほしい、そうでないと切れる、のが左翼です。
接近禁止命令を取れない国際法違反国、アジアにおける様々な問題を解決するのは簡単ですが、できる人達がそれを「あえて」やらないだけでしょう。
右も左も関係ない彼らは簡単なことも、考えることさえも放棄している。それが全ての現実逃避者達。


実際に日本に存在する文化を愛する何も考えない「言葉という音」だけを聞く「五十音教」者達は、”苗字が「お」で始まる人は人生が終わっている”という信仰を共有しています。
そのように分類整理し、考えられるようになりたい、と考えているらしい。

”「お」は終わった”
(これは底辺のエスパー戦として別途記録していきます。知る人ぞ知る頭のおかしい連中の実態を回覧。)

お年寄りも「お」で始まる元小和田雅子さまも知性、知恵の象徴ですが、象徴でものを見ないで戦うのが国家の破壊者、未熟者。
偶像(対象)を作り、実際に手を出し、ぼこぼこにするのが目的の、精神異常者達。
象徴たる天皇家を攻撃したりもする。
象徴とは特別視せよということだが、彼らは引き摺り下ろそうとする下克上組。
竹田恒泰氏に馴れ馴れしいのは左翼化である。
「リテラ」という情報サイトにもあった通り同じDNAを引いているのが反日左翼らと右翼団体らしいが、私も同意見を持っている。
彼ら、自称新星保守の親が左翼でもおかしくない。
あちらの人達からは2ちゃんねる的な笑い話しばかりで正論をあまり聞かない。
彼らの能力不足については保守系の人達が散々怒り批判していたが。

彼らの中の誰かが「世の中は終わった」と言っているのかもしれない。
私は「死んだらどうなるの?」と聞かれるのが嫌いですが、その問いにとても似ています。
死んだ後のことは知りません、私、死んだことないので。
地球外に出て行って、外から地球がなくなるのでも眺めてからにしなさいよ、そういうこと言うのは。
「終末思想」って何でしょうか。
多分「自分の人生が終わった」と言いたい人達なのかもしれません。
人の歩みを少しでも止め、非日常的な意識を持たせたい、足をひっぱりたいだけでしょう。
世の中や社会は人が一人死んでも止まりません。例え朝鮮のミサイルが飛んできてもね!


カルト書にある「落とされていた神の子を拾い上げるカルトの「右の次は左、上の次は下」、
「あなたも実は保守よ!」の風潮にも辟易。普遍性を見出せない。だから私は思想が嫌い。
変化をつけ、流行を追う民族性のどこにも民度の高さは感じない。
「話が次々とそれて行く、何もしない」と言っているだけなのだから、今後栄える国々との差はこういうところに見出されるようになるでしょう。
キリスト教も広がらなかったアジアは既に聖書の中心世界からは外されている。

「正論には正論で」これができないのですから、国としても国民としても致命的です。
「カトリックを攻撃すればよい!左翼を攻撃すればよい!リベラルを攻撃すればよい!」
ばかとしか思えない。
「悪者は誰だ、成敗してくれよう〜」ですか。


教会ではカトリックが一番まともだと思います。教育があり、自分の知らないことがあることを教えてくれる。伝統は大事です。
後は若い教会ですから余裕がない。自分達で精一杯な感じで経済活動、婚活場と化している。
またカトリックはそういう教会をよく思っていない。
現代の”お軽い”風潮がカトリックに押し付けている珍問奇問は、40代の私でさえばかばかしくて取り合う気にもならない。
偶像崇拝者は偶像でも崇拝していればよい。私でも言うだろう。

そしてこんなことを書けば知能の足りない人に「権威主義だ!」とでも言われて終わりでしょう。
どうせ偶像崇拝されて終・わ・り。
それとも「お前は霞でも食べて生きれるのか?」かしら。
ステージ違いの話をぶつけてくる、攻撃してくるのが彼らですから。
「これではお金を世界にばらまく中国が大人気になり、お金を溜め込んできたリベラルがひどい!」
という話しにもなりましょう。
私は以前リベラル批判について、計画的反日政策だと何かに記録しましたがこのことです。
移民も長い目で見た世界的計画。世界同時ですから。


私は「反キリストではないヨーロッパのクリスチャン」の為に毎日お祈りしています。
現在、移民問題で苦しむヨーロッパの人々ですが、聖書を広めた国の欧米人の未来は明るい。
私は聖書を読んで変わりましたのでこの話には大賛成です。









ここに記録の文は他人の記述を拡散周知したものではありません。
私は各種宗教団体や政治団体及び結社などに所属していません。
著作権は放棄しておりません。



posted by in2002 at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary

2018年10月16日

読書の秋

私はいかなる政治思想を持たずいかなる政治活動関係者と一切無関係です。
歳をとってから学問したいと若い頃に考え、自分で進学しないことを選択しました。
沖縄で学生生活を送っていましたが、いつしか沖縄を出ることだけが私の目的になりましたから。
(琉球及び沖縄が、何も知らない子供の頃からそれほど嫌いな大和民族です。)

英語を学び欧米に居るべきだった私が国内に居たので、人生も、気も狂ってしまったと今では考えています。
(※たとえ大和民族でも外国に出るべき人はいます。出るべきなのに出ない人が一定数たまってくると、国はダメになる。バランスを取らなければなりませんから。これがこの世界の真実。)
皇太子妃である雅子様の人生に起きている事はもっと批判されるべきですが、する人はほとんどいませんね。
私は女性エリートが好きで、世界で活躍してほしいと願う国民です。
お后である雅子様に対して「国から出て行け!」と言った「日本人」は「日本人」ではないのではないですか。
私自身将来、西洋の海外の大学で学ぶのが目標です。女性は学問で身をたてましょう。それを嫌う連中が女性の意識を操作コントロールし、ひいては「監獄レイプ」を作り出してもいます。
后でその「型出し」まで行っているのが”カルト”です。
伊藤詩織氏の事件も重ねて観察するといよいよ見えてきます、一体何が起きているのか。
(私は「詩織さん」と呼ぶのが好きではありません。)





ここに一部引用の文は『トインビー著作集』『歴史の研究』で読めます。

※余りに社会の劣化が目立つので、ここに読書をお勧めします。
かつて見知らぬばかな子供に突然「お前はマルヤママサオだ!」と言われたことがありますが、
マルヤママサオ(名前の漢字も知らない。丸山真男だろうか?)が一体何を書いて、どんな思想を持っているのかも私は知らないので驚きです。ばかはもっと本を読め。

また、文を一部引用するとすぐに「くじびき」や「占い」のように、
”ことば降る!”として、現状及び状況に”あてはめて”考えるカルト多数ですが一切責任を持ちません。






引用--------------------------------------------------

●内的プロレタリアート(ヘレニックの応戦)

ヘレニック社会の原型



階級戦⇒プロレタリアートの指導者と反動家は争って、アテナイとラケダイモン(スパルタの干渉を仰ぐ努力をした。(他国同盟結ぶ革命精神の持ち主。)
 ↓
次の階級線に累加的影響。
社会的結果として「浮き草」のうような「亡国」の民を作り出した。ヘラス民の流民化(道徳的荒廃)

@権利剥奪。済み慣れた土地、追われた社会体成員。

A部分的権利剥奪、他文明or未開社会成員、征服・搾取されたが土地追われず。

B二重に権利剥奪。被征服民族からの強制徴募者、土地追われ奴隷にされ異郷農園で酷使。


別種の応戦。キリスト教の”非暴力”という成長。






紀元70年 エルサレム破壊⇒ユダヤ教正統の「神の国」は実現される外面的事態という観念の放棄、新ユダヤ教一派。⇒この転心がユダヤ教の化石化可能にしキリスト教会の大きな勝利への道開いた。⇒ヘレニック社会 支配的少数者の改宗、外的プロレタリアート、蛮族団体改宗。⇒ヘレニック原始部族宗教「神聖なカイサル」  ヘレニック「国家宗教」に対する偶像崇拝。
これらキリスト教の敵対者、キリスト教と競い合った「高等宗教」がシリア世界のイランミトラ教、エジプト世界のヘレニック文明下埋没の来た半分からきたイシス崇拝、ヒッタイト社会のアナトリア大母神キュベレ崇拝。シュメル世界のイシュタルが元。


・「アグダト・イスラエル」⇒シオン主義者の20Cパレスチナにユダヤ人の「民族的郷土」建設事業へ不参加。


-------------------------------------------------引用ここまで

もっと本を読みましょう。



ここに記録の文は(引用以外)他人の記述を拡散周知したものではありません。
私は各種宗教団体や政治団体及び結社などに所属していません。
著作権は放棄しておりません。






posted by in2002 at 07:12| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary

2018年10月12日

人は神を意識できない

道に外れた人を人が怖いとおもうのは、極端だからでなく飛躍が著しいからです。穴埋め問題のような人達だからおけつの穴を狙われる。聖霊を人(自分)だと思うからです。信仰がない。期待されなければ切れるという
のは、そんな異端の彼らの他民族支配に際して用いられる言葉でしょう。期待されてもされなくても働くのが人であるはずですが。

当然彼らの選択はレイプになる。不幸な王道。それに付き合わないのがクリスチャン。言ってみれば「神のプログラムは神が変える」ことに彼らは抵抗している。
人は神を意識できない。無意識な反キリストらが自己投影する犯罪が、無意識である「障害者の女性」(なんなら女性)のレイプ等々。
潜在的な犯罪被害者は「狙われている」ことを知らないが狙う方は意識的だから「神」と言っている。
「神」を意識できないことについて気が付くと私は恐怖が計り知れなくなるので、犯罪者のやっていることは「神への反抗」で妥当だと感じられる。宇宙には果てがないことを考えるとやっていることがずいぶん小さい。こう言えば「人殺しなんて罪にもならない」と考えるのが倒錯者なんですが。
この時点で、彼らとの闘いが終了するはずですがね、クリスチャンなら。
こんなこともクリスチャンに反論もできずに、得意気になっていることを黙視しているのですクリスチャンは。
彼らはノン・クリスチャンであるくせにクリスチャンに「反対論」が言えないのが”神の醍醐味”です。
聖書読め無能。
戦略で負けているから日本は大戦で負けたのである。中国など持ち出しても所詮「アジア」なんですよ。地球儀を持ち出してもあなた方の肌の色は変えられない。聖書は西洋人が広げた。
国など何とも思わないと「俺は神」である反キリスト達は考えるでしょう。世間が知らない犯罪や世界の裏側の情報などを知っていることに彼ら犯罪者が優越感を感じるのもしかり。人類の知らない恐怖があるのかもしれないですね。

だからこそこの広い宇宙で彼らに信仰がないのは、彼らを打ちのめせという合図である。
クリスチャンは神を畏れ、怖れる。多分彼らが聖書を”読めない”のも怖いからだろう。
私は聖書を読んで絶対神を信仰しないといけないと感じた。しかも間違うとやばいことになる。

不信仰という外観で誘致している人間という自らの存在への反逆。彼らアンチキリストが人の首を切るパフォーマンスを見せるのも彼ら自身の心理の裏返し。
彼らは二千年前の「生贄」のノン・クリスチャンだから怖いのでしょう。あれを観たならば、東洋人にはわかりにくいかもしれないが神が存在していることはそれほど「怖い」と悟らねば。
それが、イスラム信仰の流行と宣言になってしまっている現在・・・神が怖くないのはある種”救い”かも、ということで私は無関係です。
この世に生まれたからには「不信仰」は言い訳にならない。現代には裁判制度も存在している。
裁判を恐れても神は畏れないのか・・・すごいですね、「神に反抗」って言えないですよ怖くて。「悪魔」じゃないですからね、相手。聖書読めバカ。
これらは全てイスラム原理主義及び旧約の民、多くの反キリスト、ノン・クリスチャンへの批判。

いかに反キリストとして相手にさせるかの試みに、対抗させるための被害者という状態を作り出しそれで終始させるのが狙いの、地球の生贄琉球人。
この枠の中でおさまってほしいのだろうが、宇宙って常に外へ外へと広がっているというじゃないですか。
島国で狭い日本はだから接近禁止命令が取れないようになっている。人が神だとも思わせるために。この世を創った神が神だと感じにくいためかしら。
広大な大地の広がる西アジアとかは宇宙に似て広いから神の存在を感じざるを得ないでしょうから。

不信仰という外観で誘致している人間という自らの存在への反逆者アンチ・キリストが、沖縄は地球の中心、ヘソだと言っているのだから世界が沖縄琉球を狙いに来る。
意味わかっていないのよね多分。聖書に従わないなら「行き当たりばったり」ですからいつも。そう見えないようにあらゆるタイミングを狙い画策だけはしてきた(トリック)ことを知っている。
私には子供の遊びにしか見えないが、そんな私にはただ「言わせて」おけば良い。
では私は、彼らが聞いても聞けないことをこれから証明していかねば。
この時代のクリスチャンの面白みの分で、必ず沖縄左翼と反キリスト琉球は潰される。全く相手にならないので。
主イエスの”面白み。”
素敵。

イエス・キリストは、人類が想念を送って見せる”幻想のイエス・キリスト”などではありませんよ。ばかじゃないの。苦笑。(イメージ操作、祈りの際のイメージを共有されていることを、知っているクリスチャンも知らないクリスチャンもいるようです)
私は一度祈りをやめましたが、アジア人がこういうばかばっかりだからですよ。未だに”イエス様”の映像を見せ付けてくるんですけど私に。
彼らには言葉が通じないので「イエス・キリストはカッコイイ」の意味も通じないと思っているどころかアジアで生きていくためにはいっそ英語を学んだほうましかもしれないと考えています。
「イエス・キリストはカッコイイ」なんて沖縄で想念を飛ばそうものなら「琉球独立党」が出てきますよ。「親のいないイエス様だ私は!」ですか。
神よ何故私を見捨てるのかと言われてもねぇ・・・
米軍の人が「沖縄から亡命した」と言っているぐらいですから、日本のガン達よ、出ていきなさい。





posted by in2002 at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 多くの反キリスト

2018年10月11日

土着宗教者は無能。沖縄宮古島出身者には性器崇拝がはびこる。の2回目。

DSCN2330.JPG


土着宗教者は無能。沖縄宮古島出身者には性器崇拝がはびこる。の続き。

・宮古島には平家が源氏の追討隊から逃れて来た
・アラーンと呼ばれる航路から入ってきた
・西平安名崎と東平安名崎に上陸
・もてなしを受けたが島人の恩を忘れ戦い勃発
・島人は平家には敵わず
・狩俣の男性の名には「平」がつく、色白で骨太、背丈が高い



(※左翼の情緒未熟性についても繰り返し記録しているが、彼らの言葉の受け止め方、読解力のなさについてはひどいものがあり私は彼らの思想を聞いても聞くことが出来ない。保守思想を語りたがる「無能」についても同様の感を受けることがある。時代は、左翼から右翼への転換が流行であり当然私のように黙って皮肉で観察している人もいるだろう。私は怒りのあまり常に「批判」しているだけであるが全く伝わらないだろう。私は人間関係でなく学問全般にむしろ興味がある)

そこで、注目してはいけない「言葉」についていちいち指摘しておく。
箇条書きに4つ並べたが、この中で情緒未成熟な左翼が食い入る単語は「もてなし」「恩」あたりの単語である。歴史の情報として重要でないのがこの4番目であろう。
反対に今流行の”右翼になりたい人達”は「戦さを知らない島人」を負かしてやったと興奮するだろう。
「単語」に”防護網”を張っておく。

私は、現在流れからツイッター上で勝手に小川榮太郎氏をフォローしている。LGBTに関する彼の動画を観たのが理由で。それもこれも言葉に関する問題についてがあるからで、日本全体が今変わった日本語表現なんかに注意するようになっている。
私にとって言葉は大きいですよ。レイプされるよりね。言葉で勝てない男(女)の所業だもの。
私なんかはレイプ(被害全般の事)されれば黙っていられなくなるので殺されるでしょう。
掲載の写真などは、おかしな言葉のすり替え問題の具象ではないでしょうか。
このような一見パ●●ーを連想させるような認識の錯誤を狙ったちょっと人とはずれている事をしたいのが「無能」です。

産婦人科付近の駐車場で、このように装飾された車に乗った男が待ち伏せしていることもありました。
私は妊活中です。
産婦人科につきまとう男の影を何度も体験していますので記録を残すことにしました。
病院関係のことでは特に声を上げられない被害者多数ですが、私の怒りはとても自分で抑えられない。
だから「殺す」と考えるのでしょうね、無能は。
”初めからそれが狙い”であるのだから、私はどこまで遡ろうか、人殺し無能。
私が洗礼を受けたのはこのときの為である。
琉球沖縄は悪魔主義者で溢れているのだから対抗策だ。
「聖書」が彼らのマニュアル書であったように私は常に彼らのパターンを探している。遊びと思うなよ。
たとえ謝罪を受けても私はやめない。
無能が「謝罪できる」とは誰も思えないでしょう、だから追求するのは当たり前です。
犯罪者の分までつきつめなければ気が済まない。
自分の子供が殺されたら警察が諦めても自分は地の果てまでも一人で犯人を追いかけていくという政治家がいるが彼は大和民族だろう。
私は変に筋が通らないことに敏感。別に正義感も強くない。一体何なのか絶対に理解されないだろう。
人は揃って言語障害者かなと思う。
言葉の問題でもないんですけどね。そこを言葉の問題だといいたいのが、言葉にコンプレックスのあるこだわりたい「移民」とその子孫です。日本においては日本国籍と日本語は”取り付くシマ”ですから。
いま「逆神」とか、半ば暴発しているとか言われている人達が日本には居るが当然でしょう。


自ら先祖の情報をインターネット上で拡散している人達もいる一方で、「宮古島平良はルーツが朝鮮」の記録などを読んでは「フン!」とやるのが現代の琉球の人かもしれない。
この時代「先祖が朝鮮なんて嘘!」と言いたくて仕方ない人も多いはず。
しかし自分の正しい先祖を探すのに自分のえり好みを言っていては見つからないでしょう。
そういう人達が、名家の例えば”源氏の子孫”などに希望を見出したり、日本人を「背乗り」しようとする移民になるのかもしれない。
また先祖を恥じるのは正統な子孫ではないからだろう。
つまり「父親」がどこにもいないのが、大和民族を嫌い中国や朝鮮にも属したくないといっている感のある琉球人のキリスト達と私は考えている。



続く。


posted by in2002 at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 多くの反キリスト

政治思想と民族問題

私が今日まで観察してきただけでも中国琉球、沖縄左翼がおかしくなかったと感じたことはありません。
彼ら自身がそれを積極的にあらわにするからです。
政治には興味がなかったのですれ違うだけの赤の他人をいつも中立に見ていたからこそ、おかしいとかおかしくないとか考えてはいませんでした。それが世間一般の普通に生きている人達です。

それでも、学校や勤務先での個人的な関係においていつも感じていた何かは、考え方であったりその人の個人的心理状態であったり思想であったり様々ですが、それをよく考えること、理解したいと思うことが自分でものを考える基本的姿勢を身につけさせます。
よって、大人になってから政治的思想世界を覗いても「記号」で語り「定義」不明で理解させたがる悪魔主義者=無能が、好き勝手に考えているだけですから、結局、これまで私が考えることをやめていたことに再び手を付け始めて考えることになっただけでした。

かえって●●思想をかざす「バカ」を冷静に分析できます。
私は政治に興味がないので「●●思想者だろ!」と突然言われて驚いたことがあります。
色々な情報に目を通したい、興味があるので、自分で自分に問題提起をしてあれこれ考えている一般人なのですが。
結論など出せるのでしょうか。論文を書いてきちんと世界に向かって問題を提示して突き詰めたのでしょうか。それでも一つの「答え」にすぎないでしょう。
そうでなければものすごい「天才」ですね。
安易に政治の世界に走る「無能」の弊害について説明しています。


では、全ての疑問に答えられるということなので「国」や「政治」に問題などあるはずない。
全員が同じ定義で言葉を理解し、問題を考えるに当たり争いなどあるわけないでしょう。
夢のような左翼的な人達ではないですか!
用意もできていないのに、修士課程止まりで学問の道から外れて本とか書き始めてしまう人達の背景にある問題についても私は考えました。(大和民族の大学生の人達にはぜひ大学院まで卒業することを目標にして頂きたいです。)


私が保守とは何かを考え始めると、まず保守でないバカばかりが浮上してきます。
保守になりたいと誰かが考えることができるという時点で、そんなものはないということです。
左翼や中国韓国などは私の話しの論外です。
何故、論内に入れるのか。
これまで彼らの相手をしないためにはどうしたらいいかの議論を聞いたことがありません。
国会までとめられて、対応するための徹底した討論がなされていない、ということです。
彼らはこの時代になっていよいよその正体が明らかになっていますが、非常にストーカー的であり寄生者的=移民の子孫たちだということです。
先進国である日本に住みながら何故中国の思想に染まるのでしょうか。生まれも育ちも日本で教育も言葉も日本から習得したのなら日本に染まるのが自然なあり方です。

彼らのは「政治の問題」などではないのですよ。むしろ彼らは政治にたかっている。
存在理由を政治の問題だと言い訳にしている。
日本の政治は日本人のものです。
世界中の移民問題は民族紛争であることを見せていますし、また、中国人によるウィグル、チベットの民族浄化がはっきり民族問題であると示しています。

共産党左翼である中国は「後進国」の人達です。
彼らの行動は世界中で監視しなければならないほど。
彼らの世界中での乱暴な振る舞いを皆迷惑がっています。
彼らのやり方は、対話ではなく相手をねじ伏せて黙らせるという大変暴力的なものです。

聖書などでは「神の国」と表現されるところを、彼ら中国人は、沖縄において「本当の中国王朝の復活」を企みかねないでしょう。
つまり、イエス・キリストを本当に殺してしまった二千年前の無能である生贄レベルの集団ですから行っていることが。
これから、お花畑日本を目指す移民の流入で人口が少しずつ増えてきますから、王朝やら王国やらお姫様やら王子様の世界を夢見ているお花畑の人達が何をしようとするかは全くの未知です。
宇宙ステーションができ月への移住も考える時代ですから、中国が仮想の王国空間を作っても不思議ではありません。
中国は米国には武力では勝てないので新しい支配の形としての王国を設立し世界を支配することも考えそうです。
超法規的な今ある「国家」の破壊活動です。
「国が国であってはならない」と劣化左翼は呟くような人達ですからつまりそういうことでしょう。
人の脳を繋げる技術というのがありますが、本人の意思に関わらずそれをやられている被害者が世界中には存在しています。
どの国に住んでいようともこの技術さえあれば「超国家」を築けそうですね。
北朝鮮の拉致問題の進化版。
聖書が危険視される理由の一つでもあります。


日本においては、私が思った以上に民族間の関係性ははっきりしていて、中韓系の人々は明らかに大和民族と意見が対立し敵対しています。(両者の間をとりもつような人々がむしろ問題なのですがね。)
中国とも大和ともいい関係を持ちたいなんて、私が考える分だけでも通りません。
そんなこと言っていたら国防を放棄することになるでしょう。
戦争反対と日本国内でしきりに言っている沖縄の子孫たちがその実例です。
本来、彼らは国防できないのだから中国に帰るしかないので「独立」と言ってしまっているのですが。

私は大和民族だからというのではなく、彼らの民族性がとてもスパイ的であると感じています。中国は共産国だからなのですが。
どちらにもいい顔をして裏から欺き自分達が利益を得るのがあちらの国の価値観であり、あちらで言われる知恵者なのです。
「いい話があるよ」という言葉に騙されてはいけませんと言いますが、スパイ行為とはまさにそれをすることです。そんなおいしい話し世の中にはあるものではないので、スパイ世界の人々はよく悲惨な末路を迎えています。仕事とはいえそれが世の中の道理ですから致し方ないでしょう。



ここに記録の文は他人の記述を拡散周知したものではありません。
私は各種宗教団体や政治団体及び結社などに所属していません。
著作権は放棄しておりません。




posted by in2002 at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary

父なる中国の子孫たちを代表する琉球独立党は聖書が広がらない国において「贄」として立てられた

クリスチャンはアジア及びノン・クリスチャンについて黙視している。
生ぬるいクリスチャンは論外だが、聖書を拒否するアジアでは特に、西洋の人々の他国への敵意の根本は絶対に理解されないだろう。
キリスト教に関わらず劣化左翼と呼ばれる人達は何でも侮蔑する「豚」とも呼ばれている。
あまりのひどさに私は大和民族としても呆れきっている。

日本へのキリスト教の布教はうまくいかなかった。
私は日本が嫌いな韓国人や中国人とは立場を異にする。大和民族だから。
クリスチャンだからという理由だけで一致運動をしかけられても困る。
この国には”よき仲介者”が現われることもない。
キリスト教が広がらないのだから当たり前だろう。
無能がいくら銅像を作っても、偶像崇拝もできない偶像となっている有様である。
塩気も何もあったもんじゃない。

無能とは、何でも「金 gold」に変えようと夢見る「錬金術師」である。
まともな堅気としてまじめに働くことを嫌うと批判されている半島人の話は沖縄でもさしてめずらしくない価値観です。身の程を知る代わりに抗うことを選んだのだ。

また、貧困左翼が労働を嫌う正当化にも使えるだろう。
「金」とは「カネ」のことである、”錬金”は悪い、働かないで「カネ」を得ることが正しいと勝手に考えたりもするだろう。頭のおかしい左翼の外道世界。

彼らに聖書など読ませれば、自分は労働という錬金をしてない、犯罪により得る裏金や不労所得は正しい収入とでも考える。
「だから世界基準」だの、果てはイルミナティがどうこうと言い始める。
下の下の下の世界を「基準」などと呼んでいいものかと普通は考えますが。
このように新しい全く無関係の言葉を引っ張り出せば返事になっている、わけない。
ということも、普通の人はそこまで考えないのでわからないことを、よいことにしている。
国民や一般大衆や「世はひどい!」という言い方で、自分は特別と思っている平均以下の連中である。

彼らの言葉のすり替え方はそれほど異常だ。
微妙な言葉や文を読み取らない。「脳」に問題があるのではないか。
聖書を勝手に読み、書き換えようとする左翼沖縄の連中の、労働についての価値観はこんなところで作られているのかもしれない。現代人の誰がこんな話をまともに聞き入れるのか。

国語力のなさである。
頭が自己都合でワガママに物事を考えてきた先祖の子孫達は物事を考えられなくなっている。
責任を回避したいからではなく、本当に思考力がないことについて外国から徹底的に指摘されてもいる。
二次大戦の時、日本がコミュニケーションを取れずに米国と結果的に戦争に至った話を読みなるほどと思えたのは、私が聖書を読んだからである。
日本人が「外国人とコミュニケーションが取れる」のは最低限のラインでの話(衣食住やSEXなどの話し。人として当たり前のことは「主義」とは呼べないのではないだろうか?)であり、かといって聖書を理解していない。

が、絶対に彼らは「理解している」というだろう。
抗ってもどうにもならないことは歴史上証明されたが、問題は「基地問題」などにもすり替えられている。政治の世界で闇雲に抗う連中が日本国民自身をも苦しめてもいる。

世界から戦争がなくなることはないと、まともなクリスチャンは話すが、平和ボケした日本民族はもはや「全体的な左翼」かもしれない。
彼らの若者がTVなどで「戦争したくない平和がいい」と、世界の不幸を面前に発言しているのを観たがあまりにも配慮に欠けている。
私は外国に召されているクリスチャンであるまともな大和民族である。
世界を眺め諸々を考慮すればアジア人とはまともにつきあたいとは思わなくなった。
左翼は「一緒にするな!」と言ったりするが、そういうことではない、ということが言葉なくして通じない。
彼らは「差別!差別!」と、延々地獄をさ迷うような活動をしたりもしている。

机上の話を物質の世界に持ち込むからイエス・キリストも殺したのである。
彼らの思考にはいつも「飛躍」や「無理」が散見されるがいかにもやりそうだ。
いろいろと細かく指摘することで国会を暗黒世界にもしたが、”そういう問題ではない!”ことがどうせ国民にはわからない、といってやっている、と私は冷ややかに眺めている。与党と野党の距離は果てしない。

日本へのキリスト教の布教はうまくいかなかった。この国には”よき仲介者”が現われることもない。キリスト教が広がらないのだから当たり前だろう。
父なる中国の子孫たちを代表する琉球独立党は聖書が広がらない国において「贄」として立てられている。
聖書を書いた使徒達の時代はとうに過ぎているが、彼らの一部が”聖書を書きかえた”としているのを耳にしたこともある。聖書は書きかえてはいけない。
左翼とはいつもこのように「抵抗」だけをしている多くの反キリストである。
正論や伝統や正当性を証明できない。

クリスチャンは多くの反キリストの異常性についてよく見極め考え祈らなければならないと私は考えるため記録を残している。
クリスチャンになると攻撃が増えると聞いたが問題はそこではない。
「そこじゃないだろう」「またか」「なんでそこ?」が、私の口癖のようなものだ。
私は子供の頃から人とは話がかみ合わなくていらいらしていたことについてもクリスチャンになりますます納得した。

アジア人は情緒の未成熟さについてよく西洋から指摘されているが私も全く同じことを指摘している。「一致運動」などは未熟者の運動の最たるものである。
日本国内の宗教施設(ミャンマーの瞑想を教える施設)でさえこの集団的なストーカー問題(一致運動)について取り上げている人もいる。
ただの「破壊活動」のことです。




続く。





ここに記録の文は他人の記述を拡散周知したものではありません。
私は各種宗教団体や政治団体及び結社などに所属していません。
著作権は放棄しておりません。


posted by in2002 at 07:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 多くの反キリスト

2018年10月10日

土着宗教者は無能。沖縄宮古島出身者には性器崇拝がはびこる。

宮古ちんこbokashi.jpg


この家が建てられた当時、建物はあかあかとした鮮やかな「オレンジ色」でした。
建売住宅が並ぶ新興住宅地で、小さな子供を持つ親ばかりでした。
悪魔主義のことなど知らない人はずいぶん派手だな〜としか思わないでしょう。
恐らく、色が褪せていくことまで計算していたのでしょうが、イメージはぺ○ス。
悪魔主義者がモチーフとするモニュメントは性器で、性器を崇拝するのが悪魔主義。
露骨なペニスを象ったのもありますが、細長い塔として表現されたりもします。

新しい持ち家を手に入れた人達ばかりなのに、わざわざこの家庭だけが新しいデザインに建て替えていました。平家の落ち人をNET上でも広く自称する宮古島の人々からだけ、私は様々に繰り返しハラスメント行為を受けているため、彼ら無能がSEXや性的な話ばかりする傾向があるのを追求していきます。

多くのクリスチャンでさえほとんど地獄へ行くと言われます。洗礼も受けず聖書を読んでも読めない人がごまんといます。ただ聖書を読んでも悪魔主義にもなれません。
彼ら無能は言葉に対し軽薄で、言葉のすり替えが著しいことは何度もこのBLOGで説明していますしこれからも指摘していきます。初めからの人殺しが教会にふんぞり返れる時代は過ぎています。
沖縄にはSEX教団があるらしいですが、この土地の人々の民度の低さはご存知の通りです。
自分の口でイエス・キリストを救い主と告白せず洗礼も受けなければクリスチャンではありませんが、自称クリスチャンも多いです。洗礼者を救世主として取り付き、裏から操作しているのが「無能」の集団です。
民族主義者とは悪魔主義のことなどと言われますが、その思想を持つ人々は風に吹かれる籾殻のようです。
私はあまりのことに「無能」と呼んでいます。
沖縄の教会が聖書の目次に「ザンブル」と挟み込んでいるのを私は目撃しました。キリスト教が広がらず書き換えてはいけない人類の書物である聖書にこのようなことを行うのが所謂悪魔教会です。世界は権力者が動かし予言を成就していきます。黄色人種が差別される理由を私は聖書を読んで理解しましたが、アジア人とは同じ世界観を共有するのは困難であることも大和民族である私はまた理解しました。
父親である中国に見捨てられた琉球独立党がイエス・キリストなわけはありません。
処女は妊娠しませんから、つまり「素性のわからない」イエス・キリストですが信仰する由緒ある血筋正しい人は世界中にいます。無能は「境遇」を信仰し躓く。とにかく国語力の問題ではないかと思うと、私は常々繰り返しています。








ここに記録の文は他人の記述を拡散周知したものではありません。
私は各種宗教団体や政治団体及び結社などに所属していません。
著作権は放棄しておりません。



posted by in2002 at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 多くの反キリスト

2018年10月02日

LGBT差別について

同性愛カップルには心理療法が必要ではないでしょうか。
私は個人的に人の趣味嗜好を否定はしないけれど、不自然であることには違いないと思う。
人間は性器により男か女に区別できる。
病院で生まれたばかりの赤ちゃんに「中性」はいない。どちらかだ。

 
先祖供養や先祖に関する因果関係を緻密に紐解くことも原因を明らかにする一助となると思う。
「同性愛者は非生産的」という結果よりも、原因究明をと何故誰も言わないのだろう。
本当の霊的能力の高い若い人々にぜひ今後取り組んで欲しい。

目の前に投げられる言葉ばかりに注視する”ことばふる信仰者”は何も考えなくてもよいらしい。
まさかこれが「いのちの木の実を食べる」「善悪の判断」をするのかお前は!という批判にならないだろうと普通は考えるが、そういう信じられないような思考が起きるのが左翼達でもあるのであえて記録しておこう。


聖書に照らせば同性愛は「産んで増えよ」という神の意思に確かに反している。(少子化にも繋がるし。)
同性愛者は自分でもどうすることもできず苦しんでいる。
人は、自分の意思ではどうすることもできない事があるのでイエス・キリストは人として来たのである。
キリスト教者あるいは少なくともキリスト教や聖書への正しい理解のある人で深層心理療法に取り組める人を探すべき。
と、私は考える。



もっと複雑だと思うけれど、端的に言ってこんな感じであろうかと。

女の男性化⇒男性に相手にしてほしい
男の女性化⇒女性に相手にしてほしい


先祖代々のとか、心理的霊的ないろいろな原因を見れる人がいるはず。
”魂の恋人”という考え方の人もいるが、言葉が置き換えられているだけで、この広い世の中納得させられる能力者は必ずいる。

「同性愛という”ありのまま”を認める」という、逆さま思考。
ありのまま、ではない。
人類の長い歴史の中で同性愛者はいつでもいたとして、では、何で性器のない中性的人間が自然に生まれてこないのか。

男女で産み広がるように人は造られている、が、ありのまま。

生まれたまま、ありのままの状態を否定されている苦しみに自他共にフタをしているように、私には見える。
誰もどうしていいかわからないから。
「彼らの状態をありのまま認める」と言ってしまうのは当人の意思に同意しているようで、実はとても冷酷な姿勢ではないでしょうか。
「病気だから治しましょう」と言っているのではありませんが、私は普通の人間なのでこれ以上なんと表現してよいかわかりません。
LGBTに悩んでいる本人が、このような心理的問題に対応できる人となれるよう勉強してみてはいかがでしょうか。奥が深く私がやりたいくらいです。






ここに記録の文は他人の記述を拡散周知したものではありません。
私は各種宗教団体や政治団体及び結社などに所属していません。
著作権は放棄しておりません。



posted by in2002 at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary

2018年09月12日

琉球民族に「敵意」と「嫌味」を受け取らせる


私にとって「信仰」などありえない。

「信仰」の段階など通り過ぎた。

”「信仰」が揺らぐ”の意味がわからない。

誰かがイエス・キリストを信じようと信じまいとだから何。

私は誰かに見せる、証明するための祈りが大嫌い。




こういう話しは全て思春期の人達のする話しのよう。

悪魔とその信仰者が問答しているようにしか聞こえない。

私は神について問答したくもない。

黙って聖書を読めば足る。

私はおしゃべりな人が嫌い。



ほとんどのクリスチャンが地獄へ行くと言われるが当然だ。

私の信仰は”堅く”さえない。

神や自分の”信仰”とやらをいちいち誰かに証明したくもない。





悪魔や悪魔主義って一体何。

人は「言語」を学ぶ方が先決だ。





世界は性悪説。

「つまり世の中には悪魔主義しか存在しない」と世界は言っているではないか。

それなのに、

いちいち「神」について希望を燃やし夢見ている人々こそ他でもない「悪魔主義」の人々である。

彼らの思考はとてもおかしいことがわかるでしょうよ。

彼らの「信仰」は大変ひ弱い。

彼らの言いたいこと、言っていることはいつも意味がわからない。



「神について悪魔をもって語る」

というやり方で、世界の教会は悪魔をも受け入れている。

私には全く理解できない。




悪魔信仰。

何それ。

神に対し、「悪魔信仰」でもって一致をしかけている。





このように、神と悪魔の違いがわからないなんて嘘であることを、

彼ら自身がここまではっきり証明している。

だって世界は神に対抗する形の「悪魔」の話で溢れているではないか。




悪魔についていちいち思考する、語る彼らは、(ほんっと面倒くさい。女の腐ったの。)

実は「神」の話ししかない世界を夢見ている甘ちゃん、モラトリアム共である。

「神様たすけてぇ〜」とどこかで思っているからそこ、悪魔の話しをしている。(きもっ。)



「無能」は、なんと”神に振り向いてもらいたい”のですよ。(※意味不明・・・)

彼らは特別扱いされるイエス・キリストが”憎い”らしい。
(いつでも彼らは”なれなれ”しい。え、知り合いか何か?)

自分が特別扱いされないからという、投影。

赤ちゃんがママのおっぱい(神)を飲めずに、

おしゃぶりをくわえてしまう(SEX教、男女性主義)あれを、無能はやっている。
(いかに気持ち悪い連中であるか、普通わかる。)

なんといっても!!彼らにとって「神」は「人」でもあります。

「神人」という言葉があるくらいですから。



「人」は「人」。

「神」は「神」。

お前ら無能はただの多くの反キリスト。

ということが何故わからないのか。

聖書にはイエス・キリストについてなんと説明されているのか。

日本語を読めればわかる。




つまり、彼らにかかれば「神」とはどんな言葉にも置き換えられるわけです。

この無能共の脳内では、言葉を勝手にすり替え、入れ替えさえすれば、

「神に振り向いてもらえたこと」になっている。



「神に振り向いてもらう」という言葉を一体どのように解釈するのだろうか。

無能はこのように日本語を作成する能力がない。

「人に振り向いてもらう」の間違いだろう。

一体こいつらの言う「神」ってなんだろう。

頭が悪すぎてお手上げだ。

国語力のない連中が教会を運営し聖書を教えるので、

この気持ち悪い「おしゃぶり同盟」に潰されるのである。


↑そして彼ら無能はこの一文に最も喜ぶ。
教会を攻撃する事は「罪」であるのでよほど嬉しいのだろう。苦笑。

彼らが教会から排除された連中であるから。

いつでも自己を正当化されたい、おしゃぶりを手放せない幼児の精神に近い。

彼ら無能はクリスチャンと教会を「特別視」し生贄とみなしているが、

信仰はしない、劣等者のあつまり。

薄気味悪い、大変わかりにくい、気持ち悪い。
(私は竹を割ったような性格なのでー)

自分で信仰することがない(責任逃れ)らしいので、

私は彼ら無能に世界で恥をさらさせることにする。



無能は私のように個人で活動している世界中のクリスチャンにまとわりついている。

私は教会に行けないのではなく行かない。

そこへ集まる人々と、こいつら「無能」との違いが私にはわからないから。

人はいつでも口では何とでも言う。

その頭の悪さに耐えられない。

気持ち悪い。




また、この無能共は「主の御名を賛美しない!」と言って、赤の他人に絡む。

イエス・キリストの名前を、自分ではなく他の誰か(世間のクリスチャン)に賛美させたがる。

だから、あえて、私は賛美しないことにした。

無能に賛美を強要されるのであるから絶対に賛美などしない。

「俺のママ、おしゃぶり、レ○プ人形になれ」と、彼らは言っているのだから。

私は「賛美しない」のではなく、無能の強要、指示に従わない事を、選んだ。

彼らは今度は「賛美するだのしないだの」という点で一致をしかけてきたので、

何もしないことを選ぶ。



別に誰が(お前らが)賛美しなくても天使が賛美している、大きなお世話だ。

私が信仰しなくても神は神。

(※ちなみに、彼らはイエス・キリストだけは絶対に認めない。彼らは「神を賛美しよう」とは言う。私に主の御名(イエス・キリストではない、実在の人間の名)を賛美させようとする頭のおかしい連中。つまり、神であるところの人間である自分の名前を、賛美させようしている。私はこのような精神病者と接触し観察し、記録をつけている。彼らは、イエス・キリストの名を通してだけは絶対に祈らない。)


彼らには神との間にイエス・キリストがおられない。

私のように”平気で”自分の口で信仰を言うことができない。

それどころか、普通の人でしかない私を”イエス・キリスト”に見立てている。
(イエス・キリストは二千年前に既に来た。聖書に書いてある通り。)

それなので、私が祈れば彼ら無能の為に祈っていることになるらしい。

ので、二度と祈らない。

「地獄から二度と這い上がるな無能、おしゃぶりくん」と私は日々繰り返している。





彼ら無能は何千年も、ここまでの暴挙暴言を繰り返したのであるから、

イエス・キリストが神のひとり子であることを、

私が指摘する彼ら無能に、

世界中の誰一人ももらさずに、わかるように、「神」を説明証明させねばならないと考えている。

自分の発言には責任を取らせる。




世界中に伝統的キリスト教を広めてもらう。

塩気のない籾殻は籾殻として有効活用しよう。




世界中で刈り取り中のクリスチャン達の「生贄」になってもらう。

↑この一言に無能はいつもびくびくしている。

「この人反キリストだぁ〜」「自分達の仲間だぁ〜」と、”小学生並み”に考える。
(無能は絶対にスパイにはなれない。この多くの反キリストは先月私に「自らは反キリスト」とわざわざ言ってきた。私は相手にならないとみなしている。彼らは初めから人殺しである。)




前後の脈略のない文章に彼らはいつも意味を見出す国語能力のない無能なので、

何でも勝手に自由に読めばいい。

猛毒を盛る。



「万能」らしいからなんでもできるだろう。←ここで使うのが正しい「苦笑」。



ここに記録の文は他人の記述を拡散周知したものではありません。
私は各種宗教団体や政治団体及び結社などに所属していません。
著作権は放棄しておりません。




posted by in2002 at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 多くの反キリスト