2018年10月10日

土着宗教者は無能。沖縄宮古島出身者には性器崇拝がはびこる。

宮古ちんこbokashi.jpg


この家が建てられた当時、建物はあかあかとした鮮やかな「オレンジ色」でした。
建売住宅が並ぶ新興住宅地で、小さな子供を持つ親ばかりでした。
悪魔主義のことなど知らない人はずいぶん派手だな〜としか思わないでしょう。
恐らく、色が褪せていくことまで計算していたのでしょうが、イメージはぺ○ス。
悪魔主義者がモチーフとするモニュメントは性器で、性器を崇拝するのが悪魔主義。
露骨なペニスを象ったのもありますが、細長い塔として表現されたりもします。

新しい持ち家を手に入れた人達ばかりなのに、わざわざこの家庭だけが新しいデザインに建て替えていました。平家の落ち人をNET上でも広く自称する宮古島の人々からだけ、私は様々に繰り返しハラスメント行為を受けているため、彼ら無能がSEXや性的な話ばかりする傾向があるのを追求していきます。

多くのクリスチャンでさえほとんど地獄へ行くと言われます。洗礼も受けず聖書を読んでも読めない人がごまんといます。ただ聖書を読んでも悪魔主義にもなれません。
彼ら無能は言葉に対し軽薄で、言葉のすり替えが著しいことは何度もこのBLOGで説明していますしこれからも指摘していきます。初めからの人殺しが教会にふんぞり返れる時代は過ぎています。
沖縄にはSEX教団があるらしいですが、この土地の人々の民度の低さはご存知の通りです。
自分の口でイエス・キリストを救い主と告白せず洗礼も受けなければクリスチャンではありませんが、自称クリスチャンも多いです。洗礼者を救世主として取り付き、裏から操作しているのが「無能」の集団です。
民族主義者とは悪魔主義のことなどと言われますが、その思想を持つ人々は風に吹かれる籾殻のようです。
私はあまりのことに「無能」と呼んでいます。
沖縄の教会が聖書の目次に「ザンブル」と挟み込んでいるのを私は目撃しました。キリスト教が広がらず書き換えてはいけない人類の書物である聖書にこのようなことを行うのが所謂悪魔教会です。世界は権力者が動かし予言を成就していきます。黄色人種が差別される理由を私は聖書を読んで理解しましたが、アジア人とは同じ世界観を共有するのは困難であることも大和民族である私はまた理解しました。
父親である中国に見捨てられた琉球独立党がイエス・キリストなわけはありません。
処女は妊娠しませんから、つまり「素性のわからない」イエス・キリストですが信仰する由緒ある血筋正しい人は世界中にいます。無能は「境遇」を信仰し躓く。とにかく国語力の問題ではないかと思うと、私は常々繰り返しています。








ここに記録の文は他人の記述を拡散周知したものではありません。
私は各種宗教団体や政治団体及び結社などに所属していません。
著作権は放棄しておりません。



posted by in2002 at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 多くの反キリスト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184583896
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック