2019年02月19日

思考盗聴犯罪者の民度の低さ、品性のなさ

私は卑猥な言葉やセックス等の言葉を公に使うのが大嫌いです。
「品がない」と普通の大人は感じます。
普段、家庭で使うのも嫌いです。
日常生活に必要ありませんから。
殊に、この手の話題にこだわりが強いのが民度の低い髪の毛を染めたりしている連中のようですが。
自分の女性器の写真を撮るアート等、理解不能です。
そういう表現をするに至った、何か背景があるのでしたら細かく言葉で説明しなければ伝わらないと思います。
確かにあげ足取りをする連中ばかりで言葉を回避したいのはわかりますが。
しかし「お前は左翼だー!」という声を私は聞かされていますが、同様に何を言いたいのか不明です。
自分の女性器の写真を撮るアート、と何ら変わりません。

とにかくふざけた話(焦点がそれていく、笑いに持ち込む、ああ言えばこう言う、右の次は左・・・)をする連中を、このブログで繰り返し侮蔑軽蔑しています。
侮蔑されるほどの馴れ馴れしさ、「失礼」だと分からないほどの民度なので「切れ」て終わりでしょう。人の生活を思考盗聴するなど、私(国際法違反犯罪被害者)には考えられない品性のなさです。


遠隔で声を送る技術での意思疎通を、他の被害者同様私は一切無視拒否し続けています。
彼らは思考盗聴した上で更に思い思いに声を送りつけてきますが、「意見」を述べる資格などないことがわからないのです。
ろくに考えもない連中の憂さ晴らし、程度に使われる高度な犯罪技術。
彼ら無法地帯の連中のやりとりを聞かされていると、
犯罪関与者である大和民族同士がいがみ合うこともある無法ぶりなのですが・・・
「人間潰し」「レイプ」「殺害」などどうでもよい”浮ついた話”です。

彼らは「法律の勉強をしろ」と40代の私に迫る異常者です。(若い左翼女性の声)
「あんたみたいな裁判官居たらいいね」という沖縄の方言なまりのおばさんの声も聞かされています。
大和民族被害者に法律を学ばせ、引き続き思考盗聴し、”理想の裁き”でも流布するというのでしょう。
私が法を学んでも、彼ら犯罪者にとり不利な判決しか考えないだろうという現実を、ここまで侮蔑の言葉をブログに記録し、PCを盗聴しても、まだ受け入れられない寄生者である異民族なのです。
何故、犯罪被害者が犯罪加害者にとって安堵すべき、安心な存在でありえると考えたいのでしょうか?

現実の裁判に不満なのでしょう。
裁判を、この脳を繋げる犯罪技術によって牛耳りたいのが欧米人を含めた頭の悪い「反日」集団であるようです。(※彼らの無能は確認済み。検証不要。)

大和民族のみなさん、彼ら「反日」は三権分立無視、司法の独立をさせないつもりですよ。


本当に国を破壊したいのです。
何をもって国を破壊したと言えるのか、未来で争っても手遅れです。
何でも自分が前に前にでなければならないのが「無能」です。
あなたが前に出ても何も解決しないのですが。
同じようにレイプレイプと、最後は言い出すだけなのがワン・パターン無能です。
「救世主」を特別扱いし信仰しても何も起きませんよ。
(※混乱しろ無能。降る言葉の信仰者。足きりや。)

つまり、彼らは自分が何でも裁ける裁判官になりたいようです。恣意的に。
彼らの真ん中、中心、絶対は神でなく「我、ワレ、自分」です。
彼らの真ん中はルールではなく「琉球民族都合」です。
それが彼らの民族主義らしいというのが、観察から得た結果です。くだらない。つまらない。
本でも読めばわかることです。
日本のカルト書にもかかれてありますよ、確か。この低レベル。
世間の左翼批判でよく言われていますが、声を聞かせる技術によって聞かされる声の内容が、
それと見事に一致しているので、得たいの知れない反日の破壊工作の実態への確信が個人的に深まるばかりです。





× 民族主義者はセックス主義(彼らはレトリック遊びする)


◎⇒正解は何か常識で考えればわかることです。
私は大和民族として発言していますが、大和民族であるあなたとは主張が異なると思います。
真似されるのは大変不愉快です。
「意見の異なる相手とは距離を置く」のが常識ですが、思考盗聴はそれをまったく真逆に行っています。
他人の意思、人権尊重どころか、ねじまげるのが目的だからです。











メンタルヘルスランキング
posted by in2002 at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 多くの反キリスト

2018年12月16日

「天上天下唯我独尊」と言ったから仏陀は反キリストだ

「天上天下唯我独尊」と、言ったから仏陀は反キリストだ。

これが無能脳内である。
言語障害、ここに極まれり。











メンタルヘルスランキング
posted by in2002 at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 多くの反キリスト

2018年12月15日

何でもMIXし、わが道を行く「スピリチュアリスト」は仏陀であれキリストであれ「マスター」と呼び、皆同列にし「自分も対等」と考える「自分は神」である連中

何度かこのBLOGにも記録したが、私は宗教や精神世界を卒業した。

個人的興味は一切ない。

私が20代の頃から、現在まで未だに停滞したままの精神の人達を確認した。

「死んでいる人々」は本当に存在し地獄へ向っている。

私は彼ら「お金のない世界」を目指す花畑(政治、宗教、あらゆるジャンルに存在する無能)の住人と一切無

関係である。

彼らの発する言葉、思いは何年経っても成長がなく進歩がない。

同じ事を延々と話している連中に、生きている人、進んでいる人は付き合いきれなくなる。

50、60、70代になりネタが切れ始めているらしい。

私などは二度と戻りたくもない世界である。

国を食らい時間を食らう無能は、精神科、神経科、心療内科へ行け。







誰が神かな?誰がキリストかな?誰が仏陀かな?誰が
「み」かな?誰が「き」かな?











メンタルヘルスランキング
posted by in2002 at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 多くの反キリスト

2018年10月11日

土着宗教者は無能。沖縄宮古島出身者には性器崇拝がはびこる。の2回目。

DSCN2330.JPG


土着宗教者は無能。沖縄宮古島出身者には性器崇拝がはびこる。の続き。

・宮古島には平家が源氏の追討隊から逃れて来た
・アラーンと呼ばれる航路から入ってきた
・西平安名崎と東平安名崎に上陸
・もてなしを受けたが島人の恩を忘れ戦い勃発
・島人は平家には敵わず
・狩俣の男性の名には「平」がつく、色白で骨太、背丈が高い



(※左翼の情緒未熟性についても繰り返し記録しているが、彼らの言葉の受け止め方、読解力のなさについてはひどいものがあり私は彼らの思想を聞いても聞くことが出来ない。保守思想を語りたがる「無能」についても同様の感を受けることがある。時代は、左翼から右翼への転換が流行であり当然私のように黙って皮肉で観察している人もいるだろう。私は怒りのあまり常に「批判」しているだけであるが全く伝わらないだろう。私は人間関係でなく学問全般にむしろ興味がある)

そこで、注目してはいけない「言葉」についていちいち指摘しておく。
箇条書きに4つ並べたが、この中で情緒未成熟な左翼が食い入る単語は「もてなし」「恩」あたりの単語である。歴史の情報として重要でないのがこの4番目であろう。
反対に今流行の”右翼になりたい人達”は「戦さを知らない島人」を負かしてやったと興奮するだろう。
「単語」に”防護網”を張っておく。

私は、現在流れからツイッター上で勝手に小川榮太郎氏をフォローしている。LGBTに関する彼の動画を観たのが理由で。それもこれも言葉に関する問題についてがあるからで、日本全体が今変わった日本語表現なんかに注意するようになっている。
私にとって言葉は大きいですよ。レイプされるよりね。言葉で勝てない男(女)の所業だもの。
私なんかはレイプ(被害全般の事)されれば黙っていられなくなるので殺されるでしょう。
掲載の写真などは、おかしな言葉のすり替え問題の具象ではないでしょうか。
このような一見パ●●ーを連想させるような認識の錯誤を狙ったちょっと人とはずれている事をしたいのが「無能」です。

産婦人科付近の駐車場で、このように装飾された車に乗った男が待ち伏せしていることもありました。
私は妊活中です。
産婦人科につきまとう男の影を何度も体験していますので記録を残すことにしました。
病院関係のことでは特に声を上げられない被害者多数ですが、私の怒りはとても自分で抑えられない。
だから「殺す」と考えるのでしょうね、無能は。
”初めからそれが狙い”であるのだから、私はどこまで遡ろうか、人殺し無能。
私が洗礼を受けたのはこのときの為である。
琉球沖縄は悪魔主義者で溢れているのだから対抗策だ。
「聖書」が彼らのマニュアル書であったように私は常に彼らのパターンを探している。遊びと思うなよ。
たとえ謝罪を受けても私はやめない。
無能が「謝罪できる」とは誰も思えないでしょう、だから追求するのは当たり前です。
犯罪者の分までつきつめなければ気が済まない。
自分の子供が殺されたら警察が諦めても自分は地の果てまでも一人で犯人を追いかけていくという政治家がいるが彼は大和民族だろう。
私は変に筋が通らないことに敏感。別に正義感も強くない。一体何なのか絶対に理解されないだろう。
人は揃って言語障害者かなと思う。
言葉の問題でもないんですけどね。そこを言葉の問題だといいたいのが、言葉にコンプレックスのあるこだわりたい「移民」とその子孫です。日本においては日本国籍と日本語は”取り付くシマ”ですから。
いま「逆神」とか、半ば暴発しているとか言われている人達が日本には居るが当然でしょう。


自ら先祖の情報をインターネット上で拡散している人達もいる一方で、「宮古島平良はルーツが朝鮮」の記録などを読んでは「フン!」とやるのが現代の琉球の人かもしれない。
この時代「先祖が朝鮮なんて嘘!」と言いたくて仕方ない人も多いはず。
しかし自分の正しい先祖を探すのに自分のえり好みを言っていては見つからないでしょう。
そういう人達が、名家の例えば”源氏の子孫”などに希望を見出したり、日本人を「背乗り」しようとする移民になるのかもしれない。
また先祖を恥じるのは正統な子孫ではないからだろう。
つまり「父親」がどこにもいないのが、大和民族を嫌い中国や朝鮮にも属したくないといっている感のある琉球人のキリスト達と私は考えている。



続く。





メンタルヘルスランキング
posted by in2002 at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 多くの反キリスト

父なる中国の子孫たちを代表する琉球独立党は聖書が広がらない国において「贄」として立てられた

クリスチャンはアジア及びノン・クリスチャンについて黙視している。
生ぬるいクリスチャンは論外だが、聖書を拒否するアジアでは特に、西洋の人々の他国への敵意の根本は絶対に理解されないだろう。
キリスト教に関わらず劣化左翼と呼ばれる人達は何でも侮蔑する「豚」とも呼ばれている。
あまりのひどさに私は大和民族としても呆れきっている。

日本へのキリスト教の布教はうまくいかなかった。
私は日本が嫌いな韓国人や中国人とは立場を異にする。大和民族だから。
クリスチャンだからという理由だけで一致運動をしかけられても困る。
この国には”よき仲介者”が現われることもない。
キリスト教が広がらないのだから当たり前だろう。
無能がいくら銅像を作っても、偶像崇拝もできない偶像となっている有様である。
塩気も何もあったもんじゃない。

無能とは、何でも「金 gold」に変えようと夢見る「錬金術師」である。
まともな堅気としてまじめに働くことを嫌うと批判されている半島人の話は沖縄でもさしてめずらしくない価値観です。身の程を知る代わりに抗うことを選んだのだ。

また、貧困左翼が労働を嫌う正当化にも使えるだろう。
「金」とは「カネ」のことである、”錬金”は悪い、働かないで「カネ」を得ることが正しいと勝手に考えたりもするだろう。頭のおかしい左翼の外道世界。

彼らに聖書など読ませれば、自分は労働という錬金をしてない、犯罪により得る裏金や不労所得は正しい収入とでも考える。
「だから世界基準」だの、果てはイルミナティがどうこうと言い始める。
下の下の下の世界を「基準」などと呼んでいいものかと普通は考えますが。
このように新しい全く無関係の言葉を引っ張り出せば返事になっている、わけない。
ということも、普通の人はそこまで考えないのでわからないことを、よいことにしている。
国民や一般大衆や「世はひどい!」という言い方で、自分は特別と思っている平均以下の連中である。

彼らの言葉のすり替え方はそれほど異常だ。
微妙な言葉や文を読み取らない。「脳」に問題があるのではないか。
聖書を勝手に読み、書き換えようとする左翼沖縄の連中の、労働についての価値観はこんなところで作られているのかもしれない。現代人の誰がこんな話をまともに聞き入れるのか。

国語力のなさである。
頭が自己都合でワガママに物事を考えてきた先祖の子孫達は物事を考えられなくなっている。
責任を回避したいからではなく、本当に思考力がないことについて外国から徹底的に指摘されてもいる。
二次大戦の時、日本がコミュニケーションを取れずに米国と結果的に戦争に至った話を読みなるほどと思えたのは、私が聖書を読んだからである。
日本人が「外国人とコミュニケーションが取れる」のは最低限のラインでの話(衣食住やSEXなどの話し。人として当たり前のことは「主義」とは呼べないのではないだろうか?)であり、かといって聖書を理解していない。

が、絶対に彼らは「理解している」というだろう。
抗ってもどうにもならないことは歴史上証明されたが、問題は「基地問題」などにもすり替えられている。政治の世界で闇雲に抗う連中が日本国民自身をも苦しめてもいる。

世界から戦争がなくなることはないと、まともなクリスチャンは話すが、平和ボケした日本民族はもはや「全体的な左翼」かもしれない。
彼らの若者がTVなどで「戦争したくない平和がいい」と、世界の不幸を面前に発言しているのを観たがあまりにも配慮に欠けている。
私は外国に召されているクリスチャンであるまともな大和民族である。
世界を眺め諸々を考慮すればアジア人とはまともにつきあたいとは思わなくなった。
左翼は「一緒にするな!」と言ったりするが、そういうことではない、ということが言葉なくして通じない。
彼らは「差別!差別!」と、延々地獄をさ迷うような活動をしたりもしている。

机上の話を物質の世界に持ち込むからイエス・キリストも殺したのである。
彼らの思考にはいつも「飛躍」や「無理」が散見されるがいかにもやりそうだ。
いろいろと細かく指摘することで国会を暗黒世界にもしたが、”そういう問題ではない!”ことがどうせ国民にはわからない、といってやっている、と私は冷ややかに眺めている。与党と野党の距離は果てしない。

日本へのキリスト教の布教はうまくいかなかった。この国には”よき仲介者”が現われることもない。キリスト教が広がらないのだから当たり前だろう。
父なる中国の子孫たちを代表する琉球独立党は聖書が広がらない国において「贄」として立てられている。
聖書を書いた使徒達の時代はとうに過ぎているが、彼らの一部が”聖書を書きかえた”としているのを耳にしたこともある。聖書は書きかえてはいけない。
左翼とはいつもこのように「抵抗」だけをしている多くの反キリストである。
正論や伝統や正当性を証明できない。

クリスチャンは多くの反キリストの異常性についてよく見極め考え祈らなければならないと私は考えるため記録を残している。
クリスチャンになると攻撃が増えると聞いたが問題はそこではない。
「そこじゃないだろう」「またか」「なんでそこ?」が、私の口癖のようなものだ。
私は子供の頃から人とは話がかみ合わなくていらいらしていたことについてもクリスチャンになりますます納得した。

アジア人は情緒の未成熟さについてよく西洋から指摘されているが私も全く同じことを指摘している。「一致運動」などは未熟者の運動の最たるものである。
日本国内の宗教施設(ミャンマーの瞑想を教える施設)でさえこの集団的なストーカー問題(一致運動)について取り上げている人もいる。
ただの「破壊活動」のことです。




続く。





ここに記録の文は他人の記述を拡散周知したものではありません。
私は各種宗教団体や政治団体及び結社などに所属していません。
著作権は放棄しておりません。


posted by in2002 at 07:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 多くの反キリスト